つれづれなるままに~経営者の想い

  • HOME
  • >
  • 社長日記
  • >
  • 日本史の魅力
  • 日本史の魅力

    ときは今、あめが下しる五月哉、、。明智光秀が愛宕山で詠んだ
    連歌です。京都の友人に、「愛宕山はあそこよ、。初心者にはとても、高くて
    きつい山よ」と、教えてもらったばかり。
    チャンネルをかえると、本能寺から、愛宕山、光秀が歩いた足跡が報じられていました。
     この間は、坂本竜馬のおりょうさん、やっていました。。歴史は、本当にロマンを掻き立てられますね。
    日本史は、三度の食事より大好き。
    私が暮らしている所は、古都奈良、京都へ一歩踏み入れると、もうそこは、忘れられていた
    日本の史跡ばかり、。深まりゆく秋の古都は、日本の魅力に満ちています。
    「時はすぎるのではなく、やってくるもの」そんな気にさせる古都です。

    コメントは受け付けていません.

    住まいに関するご相談・お問い合わせ
    ネットからのお問い合わせ
    問い合わせ