ライフスタイルの変化に対応できる住宅価値

HOME > 住まいの情報 > ライフスタイルの変化に対応できる住宅価値

ライフスタイルの変化に対応した『お家の転貸』という選択

子供の成長や転勤、定年、親の介護などライフスタイルの変化に伴い、お家の使い方も変化していきます。
こんな時に考える一つの例はリフォーム!注文住宅を新築する際には、リフォームしやすい家、変化を想定して柱や壁の配置を工夫しておくことで可変性の高い家づくりをすることも必要です。

また、これとは違った選択。様々な事情によりその家で住み続ける事が出来なくなる場合も考えておくことも必要な時代になっています。
長期優良住宅仕様で建てていると、住んでいる間はもちろん心地良く快適に過ごせますし、住み続ける事が出来なくなった場合でも、売却価値は高く設定されやすくなります。
ここでは、そうなった場合の『お家の転貸』という選択についてご説明いたします。

将来の暮らしに、こんな不安はありませんか?

  • 転勤になったらどうしよう
  • ローンを払い続けられるかな
  • 子供が独立したら部屋が余るわ・・・
  • 定年後、年金だけで生活できるかな?
  • 親の介護で実家に同居することになるかも・・・
  • 老後は、施設で暮らすかもしれないな
転貸できるとこんなことが可能に!
  • 家賃収入を住宅ローン返済に充当可能。定期借家契約なので戻りたい時も安心
  • 家を売却せずに子世帯へ引き継ぐ事も可能。家賃収入を親の介護費用へ充てる事も可能
  • 家賃収入を、移住先の居住費などに充てる事も可能
  • 家を売却せずに、家賃収入を施設の入居費に充てる事も可能

社会に良質な住宅ストックを循環させるJTI の「マイホーム借上げ制度」とは?

JTIの「マイホーム借上げ制度」は、50歳以上のシニアを対象にマイホームを借上げ、賃貸住宅として転貸するシステムです。シニアライフには広すぎたり、住みかえにより使われなくなった家を、求める人に賃貸。家を建てては壊す時代は終わりました。社会の財産として長く活用しましょう。

移住・住みかえ支援機構JTIとは

今までとは違った目線での住宅価値。自分の資産を活用して豊かな老後を過ごしませんか!
まずは、当社へご相談ください。

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ
ページのトップへ