新築注文住宅コラム

ウイルス感染対策の間取り1~家の中にウィルスを持ち込まない

新型コロナウイルス感染拡大の不安が世界中に広がり、今なお外出自粛の生活が続いています。
ワクチン等の開発により、この騒ぎもいつかは収まるでしょうが、またいつこのような事態が襲ってくるかわかりません。

このような経験を経て考える事・・・
ウイルス感染対策に相応しい住まいがあったとしたら、どんな間取りなのでしょう?

今回は、新築住宅という観点から「自宅の中になるべくウィルスを入れないお家」をあらかじめ考慮した間取りについて述べたいと思います。ウィルス対策で重要なのは、「できるだけ居住スペースに外出したままの状態で入らないこと」。
この点を重視して間取りを考えます。

家の中にウィルスを持ち込まない「予防に適した間取り」

1.手洗いの場所

外から帰宅し誰もが最初に住まいで行っておきたい所作は「手を洗う」ことです。
間取りを考えるなかで、手洗い器の場所がどこにあったら一番手を洗い易いかを少し考えてみました。

◆玄関から直接洗面所へ

玄関から洗面所に直接入ることができる間取りを取り入れる。

これは日常的な風邪の予防はもちろん、スポーツやアウトドア趣味の方や小さいなお子様など、「泥だらけでお家の中を移動されるのはかなわない!」と悩みをお持ちの方にもおススメの間取りです。
洗面所と浴室を隣り合わせにしておけば、そのままシャワーを浴びることもでき、嬉しい間取りとなります。

洗面所に直接入れる間取りは生活上のメリットもあり、感染症予防の対策にもなりますので、是非採用を考えてもらいたいアイデアです。

洗面所~バスルーム

◆玄関にコンパクトな洗面台を設置

土地の形状や面積、様々な事情により、どうしてもLDKを通って洗面所に行く間取りにしかできないという場合もあります。

その場合、玄関やシューズインクロークの一部にコンパクトな洗面台を取り付けることで、家から帰ってきてすぐに手洗いやうがいが出来るようになります。

コンパクトな洗面台

また、玄関周りに外付けの水栓を採用するのも良いでしょう。こちらは家に入る前から予防ができ、お庭のお手入れや車の洗車などにも流用できます。

2.玄関をシューズクローク&ウォークスルークローゼットに

居室にウィルスを持ち込まない手段として、玄関スペースを広めにとり、シューズクロークとウォークスルークローゼットを設置するアイデアもあります。

ジャケットやコートを掛けておくスペースが玄関にあれば、そこで殺菌スプレーをかけてそのまま掛けておくことが出来、居室内に持ち込まないで済みます。これは、花粉症でお悩みの方にもおススメです。

3.最後に

新築注文住宅であれば、間取りを工夫することで生活スペースに入る前の予防を実現することが可能になります。

椎葉テクノホームは注文住宅でお施主様のご要望に対応します。お家全体の動線や使い勝手に合わせたプランのご提案もお任せください。ご予算に合わせたプランニングをさせて頂きます。

枚方市・交野市・八幡市・京田辺市・寝屋川市の新築注文住宅は、木造耐震建築 パナソニックテクノストラクチャー耐震工法の椎葉テクノホームにお任せください。

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ
ページのトップへ