ページヘッダー画像
  • 資料請求・お問い合わせ
  • フリーダイヤル
Column 新築注文住宅コラム

ビルトインガレージのあるスタイリッシュな暮らし

注文住宅を建てる時、限られた敷地内にどう駐車スペースを取るか悩んでらっしゃる方もいらっしゃると思います。

車は、小さなお子様や人数が多いご家族にとって、また、長距離移動や日々の買い物時に非常に役立ち、あると便利な生活を送れます。
しかし、敷地面積が狭くなりがちな都心での家づくりや、元々ガレージの無い3階建ての中古一戸建てを購入しそれを建て替える場合などで、駐車スペースの確保に苦慮することも・・・

今回は、この駐車スペース問題を解決してくれるビルトインガレージをご紹介します。日常生活をより便利に、そしておしゃれな空間にしましょう。

ビルトインガレージ:外観
【Panasonic:ステラトーレ】

① ビルトインガレージとは

ビルトインガレージとは、建物の一部分を車を格納するスペースにしたもので、ガレージハウスと呼ぶこともあります。ビルトインガレージ付き住宅は、2階建てや3階建ての家に多く見られます。

ビルトインガレージの特徴は「大きな開口部」で、一般的な住宅よりも建物を支えるための強度が必要となりますので、弊社の工法であるテクノストラクチャー耐震住宅工法にぴったりの設計スタイルです。

また、ビルトインガレージは後付けも可能です。建物の強度に問題がなければ、不要な居室を解体してリフォームすることも出来ます。

ビルトインガレージは建物の一部に組み込まれた形となりますので、日常生活とのつながりがあり、様々なメリットを生みます。

② ビルトインガレージの活用法

ビルトインガレージは、単に車を駐車するスペースとして利用するだけではなく、「趣味の部屋」として設計できるのが人気の理由です。

ビルトインガレージ:活用方法
【Panasonic:ステラトーレ】

ビルトインガレージの活用方法

① 趣味の部屋、作業場として活用

車やバイクを飾るスペースや自分だけの時間を楽しむスペースとして活用できます。夜間や天候に左右されることなく好きな時間に、車やバイク、自転車の手入れや掃除、観賞すること可能になります。

② アウトドア空間としての利用

間取を工夫してリビングから見えるビルトインガレージをつくると、お子様が安全に遊べるスペースとしての活用できます。

倉庫としての機能も備えたビルトインガレージであれば、お子様の遊具やアウトドア用品を収納しておくこともでき、休日には家族揃ってバーベキューを楽しむことも出来ます。

③ ビルトインガレージをつくるメリット

風雨や盗難、いたずらなどから愛車を守れる

外付けのカーポートとは異なり、車が風雨にさらされることがありません。また、屋外に駐車している場合と比べて、車へのいたずらや盗難など不要なトラブルにも巻き込まれにくく、安心です。

車への乗り降りや荷物の出し入れが楽にできる

建物の中に駐車場を作ることになるので、天気が悪いときでも楽に乗り降りすることができます。また、安全に最短距離での移動ができるので、大きな荷物や重い荷物、ベビーカーや車イスを運ぶ際にも、玄関を通過しなくて済むビルトインガレージは大いに役立つでしょう。

ガレージ兼「趣味の部屋」を持つことができる

「ビルトインガレージの活用方法」で述べたように、ガレージとしてだけではなく広めにとることで「趣味の部屋」としてのゆとり空間が生まれます。

④ おしゃれなビルトインガレージ

おしゃれで機能的なビルトインガレージをつくるためには、間取りや広さ、シャッターの有無や性能、外観のイメージをしっかりと検討する必要があります。より多くのプランを確認して、ご家族みんなが納得できる住まいづくりにしましょう。

外観イメージ

外観イメージ1
外観イメージ2
外観イメージ3

【Panasonic:ステラトーレ】

シャッター

ビルトインガレージにシャッターを取り付けることで、外からの侵入を防いだり、風雨から愛車を守ったりすることができます。ここでは、主なシャッターの種類と特徴をご紹介します。 
それぞれ住まいに合った機能のシャッターを採用することで、より快適で安全なビルトインガレージが完成することでしょう。

【タイプ1】チェーン巻き上げタイプ

チェーンを使って巻き上げるタイプのシャッターです。巻き上げ式のガレージシャッターは、スラットを収納するシャッターボックス(シャッターケース)がシャッター上部についているタイプで、シャッターを上げると、ボックスの中にくるくると巻き取られて収納されます。

巻き上げ式のシャッターは、天井に照明を取り付けることはできますが、開閉スピードは遅く、音も大きくなりがちです。
そのため、近所との騒音トラブルが気になる人には向きません。

重たいシャッターでも比較的持ち上げやすいでしょう。

【タイプ2】ベルト巻き上げタイプ

チェーンではなくベルトで巻き上げるタイプのシャッターです。チェーンに比べて開閉時の音は静かですが、パワーが弱く重たいシャッターには不向きです。

【タイプ3】オーバースライダー式

天井に設置されたレールに沿うようにスライドさせて収納するタイプのシャッターです。シャッターボックスがなく、開放時にはスラットは天井に来ます。開閉スピードが速く、開け閉めの音が静かで、騒音を気にせず使えるので住宅地で早朝や深夜の出入りがある家庭などにも安心です。レールの設置が条件となるため、ある程度の天井の高さが必要になります。

また、スラットがあるため照明器具を天井に取り付けられないので、照明器具は壁に取り付ける必要があります。
照明器具が壁面に来るため、設置方法によっては駐車の邪魔になるかもしれません。

⑤ まとめ

ビルトインガレージは、都心や狭小地で家を建てる場合の駐車スペース問題を解決してくれるだけではなく、便利で快適な生活を送る空間のも確保できます。

建物自体の構造強度が必要ですので、弊社のテクノストラクチャー耐震工法が活かせるお家づくりですので、構造強度だけでなく間取り、外観スタイルを含めてのプランをご提案できます。

どうぞ、お気軽にご相談下さい。


ページのトップへ