新築注文住宅コラム

新築注文住宅コラム|理想のキッチンって?

後で後悔しないキッチンのポイントを考えましょう

家を新築し、住んでいるうちに不満が出やすくなる箇所の一つがキッチンです。
キッチンは実際に使う人でないと、使い勝手の良し悪しが分かりません。使う人にとっては毎日のスペースですから、後になって後悔しないようにしっかり考えましょう。

■キッチンに不満を感じる理由

新築した後のキッチンで不満を感じやすいのは、収納・システムキッチンの高さ・キッチンスペースの狭さではないでしょうか。
収納はスペースが少ないというだけではなく、使い勝手が悪いという不満が出てきます。収納場所は確保したけれど、取り出しにくい収納ですね。

食器や調理器具など重ねれば入るけれど、下の方の物をすぐ取り出せない。高い位置の収納の場合、踏み台に乗っても奥まで手が届かないなどというご経験をされてる方は多いのではないでしょうか。
また、床下収納を設ける位置を失敗して使えなくなってしまったケースもあります。

システムキッチンに関しては、何も考えず標準サイズを選んでしまい、後で後悔するケースもみられます。自分の身長に合ったものを選ばないと、毎日の作業がつらくなります。使うときのことを考えて選ぶことが大事です!

キッチンが狭くなる原因が間取りです。キッチンを重要視せずリビングを広く取ったり、収納に気を取られ過ぎたり…
キッチンにはキッチンボードや冷蔵庫を置くスペース、人が動けるスペース、ゴミ箱のスペースも必要でしょう。日々の生活をしっかり考慮して十分な広さを確保しましょう。

■キッチンの間取りとシステムキッチンの型

キッチンは間取りも大事です。ただ広さというだけでなくシステムキッチンやキッチンボード、冷蔵庫などの配置の仕方、家族構成や生活習慣を考えた動線までしっかり考えられたキッチンは、大変使いやすいものにまります。

システムキッチンにはI型・L型・アイランドキッチン等があります。

【I型】
【L型】
【アイランドキッチン】

(※Panasonicより)

I型キッチンの場合、ほとんど動かなくても作業が出来るL型キッチンと比べると横に移動距離が長くなります。
そして設置スペースや収納スペースに違いができます。対面キッチンにする場合と壁付けにする場合とでも、違いが出てきます。

失敗したと感じる人が多いのはアイランドキッチンを設置した間取りです。
アイランドキッチンはI型、L型を設置したLDKと比べ、キッチンとリビングの境目が分かりにくく収納も少ないので、物をしまうスペースがあまりありません。この型を選択される時は、リビングの快適感を損なわないよう、十分間取りを考えてください。

いかかでしたか?
新築注文住宅を建てる際、キッチンの間取りを考える時、キッチンを主に使う人の体形や動き、家族の習慣を考えたの動線、システムキッチンの型やサイズ、食器棚や冷蔵庫等のサイズや配置、それに必要なスペースといった様々な要素を考えなければならない事を知って頂けたでしょうか。

間取りを考えるのはとても難しい事です。
椎葉テクノホームのスタッフが、注文住宅で家を建てたい皆様の不満や希望をじっくりお聞きし、適切なアドバイスを致します。
枚方市をはじめ、八幡市・京田辺市・高槻市・寝屋川市・守口市で注文住宅の新築をお考えの方、まずは、弊社へご相談ください。
何でも結構ですよ! お気軽にどうぞ(^^)

by あおあお

枚方市・交野市・八幡市・京田辺市・寝屋川市の新築注文住宅は、木造耐震建築 パナソニックテクノストラクチャー耐震工法の椎葉テクノホームにお任せください。

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ
ページのトップへ