ページヘッダー画像
  • 資料請求・お問い合わせ
  • フリーダイヤル
Column 新築注文住宅コラム

狭小住宅こそ光と風を取り入れて!

都心の狭小住宅は周囲を家で囲まれている状況が多く、明るく風通しのよい注文住宅を建てるのは難しいと、諦めている方も多いと思います。

では、どうすれば望み通りの家が建てられるのか。
普通、窓はお家の横に付けられます。よって、家が建ち並ぶ環境では採光を取りにくいと考えがちですが、視点を横ではなく上に向ける事で、解決策が広がります。

今回は、このような視点で採光・通風のアイデアをご紹介したいと思います。

① トップライトの活用

トップライト(天窓)とは、屋根や天井に設ける窓のことです。壁面に埋め込まれた窓と違い、太陽光による採光や換気、眺め等のメリットがあり、一方、雨漏りなどのデメリットもあります。

トップライトのメリット

採光量は壁に埋め込む窓の3倍といわれており、小さい面積でも多くの太陽光を部屋に入れることができます。なかなか部屋を明るくできないような箇所や、小屋裏などに設置すると、その効果が発揮されます。

また、風通しについても、暖かい空気が上へ、冷たい空気が下にという性質を利用し、夏場は天窓を開けることで、熱を屋外へ放出することが出来ます。通気性も壁窓の4倍になるため、普段からも短時間で効率よく換気ができます。
夏場は窓を開けて熱を逃がし、冬場は太陽光を積極的に入れることで、快適に暮らせます。

トップライトのデメリットと対策

冬場は心地よい日差しが入ってくることはいいのですが、夏場は強い直射日光が入ってくることになるため、対策が必要になります。
設置する場所を屋根の北面にして直射日光が入りにくくしたり、天窓専用の遮光ブラインドを設置したり、天窓ガラスを遮熱ガラスにすることで、日差しによって部屋に入る熱を減らすことが出来ます。

また、屋根面に天窓を埋め込むため、経年劣化などで雨漏り等が起きやすくなります。まずは、信頼のおける施工業者・工務店さんに依頼することです。雨漏り等のトラブルが起きた際のサポートや対応もすぐしてもらえるような、安心できるところに依頼しましょう。

その他、天窓の掃除は大変ですし、雨音なども気になるかもしれません。

② ハイサイドライトを活用

ハイサイドライト(高窓)とは、壁面の高い位置に取り付けた窓のことで、壁(横)のなかでも高い位置に取り付けられるため、部屋の奥まで広範囲に効率的に光を取り込むことができます。

先にご紹介したトップライト(天窓)も有効ですが、取り付けられる場所が屋根などに限られることや、費用面やメンテナンス面を考慮すると、通常の窓の付ける位置を高くしただけの高窓は、さまざまなプランにも対応できるでしょう。

③ 階段のアイデアや工夫

採光・通風を考えるアイデアとして階段のアイデアや工夫も上げられます。

ストリップ階段

ストリップ階段とは、普通の箱型の階段と違い、蹴込板(段の垂直方向の板)や手すり壁(手すりを取り付けるために立ち上がった壁)がありません。「スケルトン階段」「オープン階段」とも呼ばれています。通常の階段と比べてデザイン性が高く設置することでおしゃれな印象を与えら、リビング階段としても相性が良いと言われています。

また、閉塞感が無く、光も取り込みやすいため暗くなりません。


【弊社施工事例:箕面市Y様邸】

螺旋階段

螺旋階段は吹き抜けのような形になっているので、空間を遮らずに繋げる働きをもっており、明るい空間を作り上げることができます。手すり部分も柵状のものが多く、階段下も空いているので、採光効果も高くなります。

また、支柱で踏み板を支える螺旋階段においては、壁で階段を囲む必要がありませんし、踊り場もなくコンパクトな階段が可能ですので狭小住宅にも即したデザインです。

④ 吹き抜けを取り入れる

狭小住宅の場合、少しでも生活エリアを確保しよう治するため、吹き抜けは見送られがちですが、狭小住宅だからこそ開放感や、採光や採風に目を向けてもいいと思います。

トップライトと組み合わせることにより、そこから採り込んだ光を下の階まで通すことが可能になります。また、夏場は暖かい空気は上に向かうという性質を利用し、暖気を逃がすことで、お家の中を自然な風が流れます。

⑤ 壁の工夫

壁の一部を室内窓にすることで光や風をお部屋へと導くことも可能になります。

リビングとの間仕切りに室内窓を2段設置すれば、ガラス面を大きく設けることができ、明るく開放的な雰囲気になります。個室からリビングの様子を感じることもできます。

上部に突き出し窓を配置、窓の開閉により、冷気や暖気が個室まで届くため、効率よく空気を循環させることが可能です。

Panasonicの室内窓はこちら

直接、光を屋内に導かなくても、大きく白い壁に光を反射させれば、直接的な光よりも広範囲に渡って明るさを確保することができます。

⑥ まとめ

今回は、狭小地で注文住宅を新築する際の「光と風」を採り入れる工夫を取り上げました。周辺環境など立地条件を考慮しながら、アイデアや工夫によって、明るく、風通しの良いお家を建てる事が出来ます。
お家に関するお悩み等、どうぞお気軽に椎葉テクノホームにご相談ください。


ページのトップへ