ページヘッダー画像
  • 資料請求・お問い合わせ
  • フリーダイヤル
Column 新築注文住宅コラム

注文住宅の新築の内装はこう決める!

これから新築の購入を検討されていて注文住宅で建てたいとお考えの方、内装デザインをどうするか頭の中でなかなかまとめられずにいる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回は注文住宅の内装を、どのように決めていくか、その進め方のポイントについて紹介していきます。もちろん内装を決める場合、発注した業者との打ち合わせで進めていきますが、ある程度の知識を持っておくと話もスムーズに進みストレスも軽減されますので、ぜひ参考にしてみてください。

LDK1
【Panasonicカタログより】

① 注文住宅の内装の決める順番

ここでは、内装を決めるおすすめの順番について紹介していきます。出来れば、家族全員の意見を聞きながら進めて下さいね!

①全体のテイストを決める

まずはじめに全体のテイストを決めます。モダン、ナチュラル、北欧風、和風など、「こういう家に住みたい」というお家の雰囲気、イメージを書き出しましょう。

②カラーを決める

テイストが決まったら、内装カラーを決めていきます。その際使用するカラーは3色が原則となります。それぞれベースカラー・メインカラー・アクセントカラーを決めていきましょう。

ベースカラーは部屋全体の70%に使用し部屋全体の印象を決める色となります。メインカラーは全体の25%ほどでインテリアの主役となる色として使い、残りのアクセントカラーは小物やオブジェなどに使用する色とします。

これらの色をバランスよく使えると、理想のテイストの効いた内装が完成します。

③インテリアや設備を決める

テイスト、カラーを決めたら、インテリアや設備を決めていきましょう。
雑誌やインターネットなどを参考にすると、素敵にコーディネートされた統一感のあるお部屋になります。

④素材を決める

内装に使用される素材は主に、木材、紙、プラスチック、金属、革、布といった素材があり、これにより部屋の印象は大きく変わるので、カラー同様、バランスよく取り入れましょう。

⑤イメージを統一する

内装をどうするか決めるうえで一番重要な事は、イメージを統一するということです。モダンでシャープでスタイルにするなら、モノトーンなどの無機質な色味に。又、ゆったりくつろげる部屋にしたいのであれば柔らかな素材や色味にするなど、イメージを統一する事で、よりスタイリッシュなイメージにまとまります。

LDK2
【Panasonicカタログより】

② 内装選びで特に重要な事

内装をきれいにまとめることで入居後に必要な家具や家電を揃える際にも選びやすくなります。ここでは、内装選びで特に重要なポイントついて紹介していきます。

一番目に付く床材

床材は部屋に入ったときに一番目につき、お部屋のテイストを印象付けるものです。そのため、内装を決めるうえで一番のポイントでもあります。
床材は主にシートや木材が多く、部分的にタイルを使用されるケースもあります。

素材や色、メリット・デメリットをよく考え好みの床材を選び、それに合うドアや窓など建具と併せて決めていくのがよいでしょう。

【Panasonicカタログより】

クロスで部屋の印象も変わる

床材や建具が決まったら、最初イメージしたテイストを壊さないように、天井や壁に貼るクロスを決めていきます。

天井と壁の色を統一することが無難ですが、最近では壁の一部だけを異なる色・柄にするアクセントクロスも人気です。
エコカラットなど、機能性が高いクロスも選ばれています。

照明もイメージづくりのポイントになる

シーリングライトであれば取りつける位置さえ決めておけば、いつでも好みの照明を家電量販やインテリアショップでも購入し取り付ける事が出来ますが、ダウンライトの場合は壁に埋め込む必要があるため、内装の打ち合わせの段階で業者にその旨を伝えておく必要があります。

お部屋の大きさや使用目的に応じた光量を確保したいので、照明もしっかり考えたいものですね。

カーテンはお部屋のアクセントに

カーテンもお部屋のイメージづくりに大切なポイントです。面積が広く、部屋のなかでも比較的目に留まりやすいものなので、先に決めておいたテイストを壊さないようにしましょう。

カーテンの種類は通常の布カーテン、ブラインド、ロールカーテンと何種類もの型がありますし、色柄も多種多様です。サンプルを参考にしながら部屋のイメージとも合わせつつ最適なものを選択するのがおすすめです。

その窓に合ったサイズにすることも大事ですので、出来ればオーダーメイドのカーテンにしたいものですね。

③ まとめ

新築の家を建てるとき、外観や内装のデザインを決めるのは家の印象を左右する重要なポイントとなり、簡単なことではありません。

とくに注文住宅では、広さや資金面の限度はありますが、選択肢があり自由な家づくりが可能であるため、”決める”という作業がとても困難にもなりえます。

しかし、ある程度内装を決める際の手順を理解していれば、その作業をスムーズに進める手助けになると思います。業者やご家族とも相談しつつ、夢のマイホームづくりを楽しんで下さい。

家づくりのご相談は、是非、椎葉テクノホームへどうぞ!!


ページのトップへ