ページヘッダー画像
  • 資料請求・お問い合わせ
  • フリーダイヤル
Column 新築注文住宅コラム

おしゃれな家とは?そのコツを考えるー①デザインテイストの統一感

皆さんが注文住宅の新築を考える時、何に重点を置くかは人それぞれだと思います。
「地震に強い家」「明るい解放感ある家」「収納重視の家」「趣味を楽しめる家」・・・挙げだしたら切りがありません。
そんな中で、今回あえて取り上げるのは「おしゃれな家」です。
限られた予算の中でご自分の拘りの一邸になるよう、一緒に考えていきましょう。

おしゃれな家

① まずはデザインテイストの統一感が大事!

「おしゃれな家」と一言で言っても好みは千差万別ですが、共通して言えることがあります。
それは、デザインテイストの統一感です。

まずは、ご自分が理想とする全体的なテイストを決め、素材や色調を統一することで、お家の設計・デザインのコンセプトの方向性を決めていきます。

一度方向性が決まったら、その空間にマッチするようにインテリアも合わせましょう。
違うテイストを混ぜてしまうとちぐはぐな空間となってしまい、おしゃれな家から遠ざかってしまいます。

ここで大事なことは、家全体を同じテイストにする必要はないという事です。
最近の新築住宅の設計は、キッチン・ダイニング・リビングを同じ空間にすることが多いので、出来れば玄関からこの部分にかけては統一された方がいいと思います。
しかし、個室に関してはそれぞれのテイストを楽しんでもOK!
子供部屋など、特にお子さんが小さい間はそれらしいテイストにしてあげてください。

おしゃれな家づくりの第一歩は、
①全体的なテイストを決め、素材や色調を統一する
②決めたテイストに、家具や照明等のインテリアも合わせる
です!

② 統一感を実現するためには

施主様の中には、ご自分の希望するデザインテイストをしっかりとお持ちの方がいらっしゃいます。
業者より用意されたカタログや、ご自分で探してこられた素材やインテリアを正確に施工業者に伝える事が大事になります。
もし、ご自分がイメージするお家の写真等があれば、「こんな感じに・・・」と、よりはっきりと伝える事が出来るでしょう。

そうではない、何となく希望はあるけれど、どうお願いしていいのか分からない方もいらっしゃると思います。
そんな方は、しっかりとしたイメージがつかめるまで、業者の営業やインテリアコーディネータと打ち合わせをしてください。

自分の希望するデザインを実現するためには、素材を選び、色調などを調整して空間を設計していかなければなりません。
施主様と施工業者のコミュニケーションをしっかり取りながら、プロ目線のアドバイスを上手く取り入れましょう。

③ デザインテイストの例

そもそもデザインテイストってどうとらえたらいいの?と言う方へ、その4パターンをご紹介します。

【ナチュラル】
ナチュラルテイスト

明るくどこか温かみのある空間。北欧風のナチュラルな家具が好きで、グリーンをはじめ植物を飾っていたい方へお勧めのテイスト。

【カフェ風】
カフェ風テイスト

温かみのある木材やカウンターキッチン、レンガの壁、小洒落たインテリア。まるでカフェにいるような素敵な時間を過ごされたい方へお勧めのテイスト。

【ヴィラ・リゾート】
ヴィラ・リゾートテイスト

別荘のような雰囲気の中で自然を感じながら、海外でのリゾート気分を味わう・・・。そんな暮らしを日常に入れたい方へお勧めのテイスト。

【フレンチシック】
フレンチシックテイスト

フランスの田舎家のインテリア、ヨーロッパの白いアンティークがお好みで、レースや花柄が大好きと言う方へお勧めのテイスト。

④ 最後に

今回は「おしゃれな家」を建てるための第一のポイントをご紹介しました。
椎葉テクノホームでは、様々なテイストのお家に対処できるよう、「フォルカーサ」という注文住宅の住宅バリエーションをご用意しております。
どうぞ、お気軽にご相談頂き、ご自分の夢を語ってください。

フォルカーサの詳細はこちら

※写真は全てPanasonicカタログより

枚方市・交野市・八幡市・京田辺市・寝屋川市の新築注文住宅は、木造耐震建築 パナソニックテクノストラクチャー耐震工法の椎葉テクノホームにお任せください。


ページのトップへ