新築注文住宅コラム

新築注文住宅コラム|「しっかり考えておきたい設備」

新築注文住宅 後悔しない設備選びを!

新築注文住宅を建てる。お家は人生のなかでも特に大きな買い物で、何度も買い替える事はなかなか出来ないものです。
一生に一度の買い物と考え、後悔のないものにするために、自分たちの好みやライフスタイルに合った家づくりをする事が、とても大切になります。
新築の注文住宅であれば、予算の範囲内で思いのままに設計出来るため、理想の住まいを求めることが可能です。そして、より便利で快適であり、好みの色やデザインに拘った暮らしを手に入れるために、設備面もじっくりと選びたいものです。
今回は、新築注文住宅に「これはあった方がいい設備」を、場所ごとにご提案します。

1.玄関の設備

玄関という場所の特徴は、
 ・家族や来客の方の出入りの場所であり、訪れる人が最初に目にする場所
 ・日常生活を送るうえで、物が増えやすい場所
 ・外出時に最終チェックをしたくなる場所
 ・セキュリティーも大事

こんな特徴を持つ玄関で気を付けたい事は、まず、きちんと片づけられたすっきりとした空間作りになります。物で溢れた玄関は見た目だけでなく、必要なものがすぐ取り出せない使い勝手の悪い場所になってしまいます。整理整頓された玄関は、実際よりも広々とした印象も与えます。
やはり収納が一番大事な設備となります。

そこで、あると便利!見た目もすっきり!整理整頓で欲しいものがすぐわかる土間収納をご提案します。「土間収納」とは、玄関から土間続きになっている収納スペースのことをいいます。
玄関スペースに広さがある住宅では、是非設置したい設備です。
靴や傘だけでなく、ベビーカーやゴルフバッグ、自転車などサイズの大きなものもそのまま入れて置ける収納スペースがあると片付けも楽で、見た目もすっきり美しい玄関になります。

【スペースに余裕がある場合のウォークイン土間収納】

 

【スペースがあまりない場合の土間収納】

 

玄関に姿見があると、外出直前の最終確認ができます。
服装と靴のチェック、髪型やお化粧の確認等、大変便利です。

セキュリティーと利便性を考慮した、モニター付きインターホンと自動センサー付き照明も備えたい設備です。
ドアを開ける前に、モニター付きインターホンで相手の人相をチェックできるのは安心です。
自動センサー付き照明は、屋外に使えば防犯対策に、屋内では玄関を入るなり照明が付けば、手元足元を照らす明かりとなり便利です。

 

玄関先に水道を設置しておくと、靴の汚れを落としたり、趣味のガーデニング、また玄関の掃除など便利に使用できます。

2.キッチンの設備

設備の種類としては、システムキッチンと収納になるでしょう。
システムキッチンは流行りに流されず、後片付けを含む炊事を日々どのような使い方をし、どのくらいの頻度で使い、そしてどのような生活スタイルであるかで、キッチンのスタイルを選びましょう。
まずはスタイルですが、大きく分けると次の4タイプがあります。

【I型】

【L型】

【Ⅱ型】

【アイランド】

キッチンスペースや設置場所にあった型やサイズ、周囲に調和したカラーを選ぶのはもちろんですが、システムキッチンがどのような設計でどのような機能を備えているかもしっかり考えたいところです。
例えば、シンクが広ければ、たくさんの洗い物があっても不自由なく洗うことができるし、家族で並んで同時に洗い物をしたり調理をしたりもできるようになります。また、シャワー式水栓を設置しておくと、洗い物やシンクの掃除が楽にできるようになります。食器洗い乾燥機が付いていれば、家事の効率化もアップしますね。

収納は、整理整頓された美しいキッチンを作るだけでなく、安全面でも大事なポイントです。
システムキッチンと統一されたカラーにすると、一層スッキリ感が増します。
刃物や調理器具を落としたりしないための収納も大事です。キッチンに限らず必要のないものを片付ける習慣を付けるためには、十分な収納スペースが必要です。キッチンで使用する食器や調理器具のサイズと量を事前に確認しておくと無駄のない収納を作りましょう。吊り棚を使用する場合は、昇降式キャビネットにしておくと出し入れが簡単になり、無駄なデッドスペースを作らなくて済みます。

3.浴室の設備

浴室は湿気がこもりやすい場所なので、清潔で美しい浴室を保とうとすると掃除も大変です。
バスタブや床をお手入れ簡単な素材にしておくと、毎日の掃除が大変楽になります。
また、季節によって重宝するのが浴室エアコン・浴室暖房乾燥機です。特に寒い冬場や梅雨の時期は必需品と言ってもいい程、活用します。冷え切った浴室内の空気を温める設備があれば、快適かつ安全に入浴できるようになりますし、乾燥機能が付いたものであれば、湿気によって生じるカビの発生を抑えたり、洗濯物を乾かしたりできるようにもなります。

節約につながる設備としては、追い焚き機能の付いたものや自動湯張り機能のついた給湯器設備があげられます。ちょっとだけ贅沢に浴室テレビが付いていると、入浴時間と見たい番組が重なった時や、お風呂に長く浸かりたいときの暇つぶしになり、ゆっくりと体を温めて過ごすことができます。

4.洗面室の設備

洗面所は、スキンケア用品やヘア用品など常備しておきたいもの、掃除・洗濯やバスルームで使う洗剤や用具、タオルなど、使用目的も違う様々なものが多くなりやすく、ごちゃごちゃになりやすい場所なので、それなりの収納スペースが欲しい場所です。
お家の洗面所のスペース内で、しっかりと工夫して収納場所を確保しましょう。
洗面化粧台は、ご家族のスキンケア用品やヘア用品が納まるものを選び、狭くても床下収納や隙間に収まるキャビネット等で、まずは整理しやすい環境をつくりましょう。
洗面化粧台もお手入れのしやすいものを選んでおくと、毎日の労力削減になります。

 

また、コンセントの数と取り付け場所も考えておきましょう。
ドライヤーや電気シェーバーの使用、充電など、洗面室で使う電気機器は多く、コンセントが少なくて、朝の身支度などの際に電気機器の利用が家族で重なって不便!などのトラブルを避けるためにも、家族の生活の動きを考慮したうえで、不足が無いように設けておくようにしましょう。

5.トイレにあったほうが良い設備

トイレは通常であれば1つあれば十分ですが、次の点を考慮しながら2つ作っておくと便利です。
・家族が多く、朝など同時に使用する可能性がある
・寝室が2階にあり、夜間に催した際に重宝する

また、手洗いカウンターは付けておくと何かと便利ですね!

加えて、温水洗浄便座はおすすめの重要ポイントです。冬のトイレは寒く、座るなり緊張してしまいます。温水洗浄便座があればお尻が温められ、トイレにいる時間の苦痛を減らすことができます。また、温水シャワーを利用すればお尻を清潔に保てます。
機能性だけではなく見た目もこだわりたいあなたには、タンクレストイレを是非おすすめします。デザイン性が高く、生活感のないおしゃれな空間を演出しやすいタイプです。

(※使用画像は全てPanasonicカタログより)

大きな買い物、人生の夢である新築注文住宅。
じっくり、ゆっくし考えて、設備を整えたいものですね。
私達もそのお手伝いをさせて頂きます。

枚方市をはじめ、八幡市・京田辺市・高槻市・寝屋川市・守口市で注文住宅の新築をお考えの方、まずは、弊社へご相談ください。
何でも結構ですよ! お気軽にどうぞ(^^)

by あおあお

枚方市・交野市・八幡市・京田辺市・寝屋川市の新築注文住宅は、木造耐震建築 パナソニックテクノストラクチャー耐震工法の椎葉テクノホームにお任せください。

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ
ページのトップへ