ページヘッダー画像
  • 資料請求・お問い合わせ
  • フリーダイヤル
Column 新築注文住宅コラム

注文住宅に「スリット窓」を採用してモダンな外観に

センスのいいデザインで、おしゃれな家を建てたい! そんな願いを実現するための重要なポイントの一つが『窓』です。

最近の新築住宅の外観で、細目で縦長、横長の窓をよく見かけます。この「スリット窓」と呼ばれる細長い窓を採用することで、スマートでモダンな印象を与える事ができ、人気も上々です♪

今回は、注文住宅で上手なスリット窓の取り入れ方についてご説明します。

スリット窓:外観
【当社施工例:箕面市Y様邸】

① スリット窓の特長

まずは、窓の目的である採光と換気の面です。通常サイズの窓を取り付けられないスペースでも、スリット窓ならばおさまるため、光を取り込んだり通気性を高める事が出来ます。

FIX窓(開閉できないはめ殺しタイプ)は主に開閉をしない場所で明るさが欲しい場所、天井の高い位置に設置すれば、より採光効果を高められます。
滑り出しタイプや上げ下げタイプは窓の開閉ができるので、プライバシーを保ちつつ通気性を高めるたいところに設置したいですね。

次に、最初に取り上げた「おしゃれな外観」です。
スリット窓は、外観デザインをモダンに仕上げることができます。細長い線が連続して配置され、洗練された外観になります。

防犯性が高いこともその理由に挙げられます。
侵入窃盗(空き巣)で、多い侵入経路は、窓からの侵入が高いと言われています。
スリット窓は人が通れない、細くて通りにくいことから、侵入を防ぐことができ、空き巣対策にも非常に有効です。

② 縦スリット窓のポイントは?

縦スリット窓
【当社施工例:八幡市S様邸】

①天井が高く見えお部屋に解放感を与える

縦スリット窓は天井から床の近くまで開口部があるので、天井と床の距離が実際よりも長く見えやすく天井が高く見える為、解放感を感じます。

②プライバシーが守れる

家の外から見て、窓から距離があればあるほど、内部の見える範囲が狭くなります。縦スリット窓のように横幅が狭い窓なら、さらに内部が見えにくくなります。プライバシーを守りながら通風、採光を得ることができます。

③ 横スリット窓のポイントは?

横スリット窓
【当社施工例:枚方市Y様邸】

①より室内の奥まで光が届く

横長のスリット窓は、設置の目的に合わせて天井付近や床付近などに設置することが多いです。

外からの視線を気にせず光を取り入れたい場合は、天井付近の高い位置に設置します。横幅が広い分、光を部屋の奥まで届けることができます。

②換気窓としての役割
開閉可能にすることで人目や日差しを気にすることなく換気が出来ます。キッチンに設置して明かり取り兼換気窓にする場合もあります。床付近に設置する横スリット窓は地窓(じまど)とも呼ばれ、和室によく採用されます。

④ スリット窓の注意点

開閉の必要性、掃除の方法、カーテンやロールスクリーンの有無とどのようなものを取り付けるかなど、きちんと計画した上で設置を決めましょう。スリット窓にカーテンなどを付けたくない場合は、遮熱効果のあるガラスを採用するなどの工夫も必要です。

スリット窓に限った事ではありませんが、窓の配置と家具の配置はしっかりと計画しておきましょう。

⑤ まとめ

このように、スリット窓は外観をモダンに見せるデザイン性の高さはもちろん、プライバシーや防犯といった機能性の面でも重宝され、希望される方が増えています。
理想の注文住宅を新築する際には、見た目、機能・利便性、日々の暮らしそのものを全て考えながら、設計していかなければなりません。

お家の事でお悩みの方、まずはお気軽にご相談ください。椎葉テクノホームのスタッフがいつでも快く対応させて頂きます。


ページのトップへ