ページヘッダー画像
  • 資料請求・お問い合わせ
  • フリーダイヤル
Column 新築注文住宅コラム

3階建の注文住宅にするなら…!そのポイントや注意点

戸建住宅の多くは2階建ですが、地価の高い都心部などでは3階建の建物も多く見かけます。
ただ、3階建の戸建住宅は2階建と比べると、間取りの取り方など特殊な点がいくつか存在します。今回は、3階建の注文住宅をお考えの方のご参考となるよう、建築する際のポイントや注意点などについてご説明いたします。

3階建の注文住宅
【弊社施工事例:枚方市I様邸】

① 3階建てのメリット

床面積が広く取れる

3階建ての最大のメリットは、何と言っても土地を最大限活かすことができる点です。家を建てる場合、重要なポイントとなるのが床面積ですが、敷地面積が決まっている以上、確保できる床面積にも限りがあります。
例え狭い土地であっても、3階建てにすることで床面積が単純に2階建より1階分広くなるので、充分な生活空間を確保することができます。

狭小地でも生活空間を確保しつつ、ガレージや店舗スペース確保も!

3階建には階数ごとに用途を細かく分けられるという利点もあります。
車をお持ちの方は土地が狭いと自宅に駐車スペースが取れず、近隣の駐車場を借りなければなりませんが、3階建てであれば必要な生活空間を確保したうえで、1階をインナーガレージにすれば解決します。また1階を店舗として利用したい場合も、3階建てであれば充分な居住スペースを確保でき、階で分かれているのでプライベート空間もしっかり確保できます。

日当たりや風通しが良い

周辺環境にもよりますが、2階建よりも背が高くなるという事、そして、総床面積が同じなら2階建と比べて1フロアあたりの部屋は少なくなり窓の配置がしやすくなる事で、日当たりや風通しが良くなります。

利便性の高い土地におすすめ

都心部や繁華街、駅の近くのように利便性の高い土地は、価格が高いこともあり狭小地であることが多いです。そのような条件下での注文住宅には、3階建てはとても魅力的な選択肢と言えるでしょう。

② 3階建てのデメリット

家事動線とコスト

2階建てと比べると階層が増えるので、日々の掃除や洗濯といった家事の動線が複雑になります。また、階段が2つあるので手狭になりがちで、間取りを工夫する必要があります。階段の上り下りの頻度も増え、若い人はともかく、年齢を重ねてくると3階まで登るのがつらくなり、生活そのものが大変になってくるでしょう。

ホームエレベータを設置する事で解決はするでしょうが、その分コストがかかります。利便性をUPするために3階にトイレやインターホンを設置する場合も、コストアップとなってしまいます。

3階建ての家は、どちらかといえば売れにくく資産価値も下がりがちです。家を建てる際には、いかにして資産価値の高い建物にするかも重要で、そうなるとコストアップは致し方なくなります。

土地の制限

土地には、様々な制限がかかっています。一番わかりやすいのは高さ制限のある地域。そのような土地に、3階建ての家は建てられません。
3階建ての注文住宅を考える場合は、土地購入の時点で、3階建てを希望していることを建築業者に相談されることをおすすめします。

③ 3階建の注文住宅のポイント

3階建の家を建てる時、一番気になるのが強度面ではないでしょうか。そのような問題をクリアするために鉄骨造や鉄筋コンクリート造の住宅が求められますが、そのような家は木造住宅に比べると割高になってしまいます。
現在は、木造住宅でもそのような問題点を緩和する工法がありますので、より安全でリーズナブルな家づくりも可能となっています。

安全な家づくりは、建築する前の土地の状態が最も重要です。
土地購入の前には必ず地盤調査の結果を確かめる必要があります。購入したあとに地盤が軟弱なことが判明すると、地盤改良工事に多くの費用がかかってしまいます。事前に調査を行い、地盤が良好な土地を購入することで、余計な費用を使わなくてすむようになります。

自分が所有している土地に建てる場合は、地盤調査から建築までを任せられる業者に相談されるといいですね。

デメリットの部分にも書きましたが、3階建の家は2階建に比べて間取りが複雑になりがちです。
間取を検討する際には、生活動線を考慮した設計が大きなポイントになってきます。様々なご要望はあると思いますが、家は長く住み続けるものです。暮らしやすい環境でなければなりません。
プロの提案を参考にしながら、自分らしい間取りを考えてください。

④ テクノストラクチャーの3階建の家

安心・安全の家建てるために、私達がお届けするのはテクノストラクチャーの家です。

弊社建築スケジュール

弊社建築スケジュール

※『テクノストラクチャー』の詳細はこちらをご覧ください。地震に強い家テクノストラクチャーとは~その8つの特長

安全な3階建て注文住宅

地震や台風に強い3階建ての家を建てるなら、Mフレームシステムをおすすめいたします。
高強度の門型フレーム「Mフレーム」を活用すれば、大きな開口を実現でき、鉄骨造や鉄筋コンクリート造で同様の構造を実現するのと比べコストが抑えやすいというメリットもります。

ハイレベルな信頼性をお届けします

外装バリエーション

アール屋根Ⅰ
アール屋根Ⅰの外観
アール屋根Ⅱ
アール屋根Ⅱ(ドーム型)の外観
陸屋根・片流れ屋根
陸屋根・片流れ屋根の外観
切妻屋根
切妻屋根の外観
切妻屋根・陸屋根
切妻屋根・陸屋根の外観

※『Mフレームシステム』の詳細はこちらをご覧ください。テクノストラクチャー|3階建新築注文住宅・Mフレーム


ページのトップへ