新築注文住宅コラム

新築注文住宅コラム|ZEH(ゼッチ)住宅って知ってますか?

みなさんは、ZEH(ゼッチ)住宅という言葉を聞いたことがありますか?

いま政府が進めているのは「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の普及です。
2030年にかけて、政府によるエネルギー政策が段階的に実施され、住宅のゼロエネルギー化を進めます。
今までは省エネルギー住宅が人気でしたが、ZEH住宅はさらに進んだ住宅で、本格的な『自宅でエネルギーを創って、使う』住宅なのです。

この記事では、今更ではありますが、住まいに関心が高い人や、これから注文住宅の新築をお考えの方に向けて、ZEH住宅とはどういうものなのか紹介しようと思います。

ZEH住宅

ZEH住宅とは?

椎葉テクノホームは
ZEHビルダーです

ZEH住宅とは、住宅の高断熱性能、省エネ設備機器、HEMS、太陽光発電システム等を組み合わせ、エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのことです。
これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH ゼッチ (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。

政府の目標としては、
『住宅については2020年までにZEH ゼッチ (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な新築住宅とすることを目指す。
2030年までに新築住宅の平均でZEH ゼッチ の実現を目指す。』

という事らしいのですが、どうなんでしょうね?
一般の方々に、「標準的」と言えるほど認識度は高まっているのでしょうか?

ZEHゼッチの家を建てるにはどうしたらいいの?

ZEHを達成するためには、3つのポイントがあります。

POINT1:断熱

断熱性能を上げて、建物自体を夏は涼しく、冬は暖かい住宅を建てましょう。

断熱材 エコ窓

POINT2:省エネ

家で消費する電力量を減らす為に、HEMSや省エネ性の高い機器・設備等を取り付け、使うエネルギーを減らしましょう。

HEMS1 HEMS2

POINT3:創エネ・畜エネ

太陽光発電などで、家庭で必要なエネルギーを創り、 『自給自足』 できる住まいにしましょう。また、家で消費するよりも多くのエネルギーを創り、蓄電池を利用し電気を蓄えておけば、いざというときに本領発揮できます!

太陽光発電

Panasonicテクノストラクチャーの省エネ設計「スマートアバンセ」についてはこちらをご覧ください。

ZEH住宅を建てるメリット

ZEHのメリット1:家計に優しい

家庭の消費エネルギー収支がゼロ!だから、家庭の光熱費ももちろんゼロ!
家庭で創り出すエネルギーでまかなうために「電気の無駄遣いをやめよう!」と意識しても、人の手だと電気機器の消費に無駄が生じてしまいますが、HEMSは瞬時に効率が良くなる使用方法へ設定を自動変更してくれます。そのため、確実に電気代を節約することができます。

ZEHのメリット3:環境に優しい

住まいの消費エネルギーを削減し、太陽光発電などの 自然エネルギーを利用することでCo2の削減や、温暖化防止、環境破壊などの地球環境に貢献します。
断熱効果の高い住まいは、「今までは24度のエアコンでないと部屋が涼しくならなかったのに、26度でも十分涼しく快適になった!」という声が聞かれているほど、無理なく快適に過ごしながら節約できるので、消費エネルギーを削減につながります。

ZEHのメリット5:補助金を利用できる

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の補助金制度を利用できます。ZEH住宅は、最新の機器を導入しているため初期費用が高くなってしまうというデメリットがありますが、補助金をもらうことで少しでも負担を減らすことができます。

ZEHのメリット6:防災・減災性能

2019年の台風15号では、千葉県を中心に大規模停電が起こり、復旧までかなりを時間を要しました。この間、多くの人たちが電気のない生活で不安や不自由を感じられたでしょう。
ZEH住宅は、電力会社から電気を供給してもらうこともありますが、自家発電した電気はそのまま自宅で使用することができるので、ご自宅の周りの地域が停電したとしても必要な電気を使うことができます。

いかがでしたでしょうか。ZEH住宅は未来型の注文住宅です。椎葉テクノホームはZEHビルダーですので、ご興味を持たれた方はどうぞお気軽にご相談ください。

枚方市・交野市・八幡市・京田辺市・寝屋川市の新築注文住宅は、木造耐震建築 パナソニックテクノストラクチャー耐震工法の椎葉テクノホームにお任せください。

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ
ページのトップへ